PR TIMES、自然言語処理を活用した広報効果リサーチ事業子会社「株式会社PRリサーチ」を設立

pr times

1.設立の理由
 当社が平成28年7月13日付「2020年度中期経営計画 説明資料」で発表いたしましたとおり、当社グループは成長戦略の一つとして、ニュースリリースサービス「PR TIMES」で築いた顧客基盤を活かし、サービスラインを拡充することで顧客単価と顧客ロイヤルティの向上を目指します。

Sponserd Link

 今回は、そのクロスセル戦略の一環として、メディアならびにソーシャルネットワークなどの情報収集、調査分析、広報効果測定サービスを提供する新子会社として株式会社PRリサーチを設立いたします。
 当社が現在、顧客企業の一部へオプショナルサービスとして提供する「Webクリッピングサービス」で培った経験と自然言語処理を活用し、多くの顧客企業に共通する広報効果測定の課題を解決するサービスへ刷新する計画です。

(「2020年度中期経営計画 説明資料」https://www.release.tdnet.info/inbs/140120160712448973.pdf

2.新会社の概要
 (1)名称:株式会社PRリサーチ
 (2)所在地:東京都港区南青山二丁目27番25号
 (3)代表者:代表取締役社長 山口 拓己
 (4)出資比率:株式会社PR TIMES 100%
 (5)主な事業内容:情報収集、調査、分析事業
 (6)資本金:1,000万円(資本準備金1,000万円)
 (7)設立年月日:平成28年10月1日(予定)
 (8)決算期:2月末日
 (9)当社との関係 
   人的関係:当社の代表取締役 山口拓己が代表取締役を兼務します。
   取引関係:当社との取引関係:当社のニュースリリース配信事業との連携等。

3.今後の見通し
 本件が平成29年2月期の当社連結業績に与える影響につきましては現在精査中であり、精査の結果、業績見通しに変更がある場合には、速やかに開示いたします。