電通、訪日外国人の行動データ分析ソリューション「いいデータ」を8月上旬より提供

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、株式会社ブログウォッチャー(本社:東京都中央区、社長:戸田 洋平)、株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、社長:大西 啓介)、株式会社ジョルテ(本社:東京都港区、社長:下花 剛一)と協業し、訪日外国人の行動データに基づく分析ソリューション「いいデータ」(Inbound Infographic Data)※1を、8月上旬より提供していきます。

具体的には、訪日外国人向けのスマートフォンアプリ「NAVITIME For Japan Travel」と多機能カレンダーアプリ「ジョルテ – カレンダー&システム手帳」※2にあらかじめ「プロファイルパスポートSDK」※3を組み込み、情報取得を承諾した訪日外国人から属性・位置情報データを取得、それらを分析・可視化するツールを企業に提供することで、マーケティング活動の刷新にご活用いただきます。

この「いいデータ」では、訪日外国人の行動データを、属性情報(端末OS、国籍、訪問目的、性別、アプリダウンロード場所など)、ビジター数、エリア別訪問回数、周遊ヒートマップ、メッシュデータ、都道府県別データ、市区町村別データなど、さまざまな切り口で分析できます。また、位置情報や属性情報に基づくパーソナルレコメンデーション配信(個人向けのクーポンや情報配信など)を、訪日外国人のスマートデバイス(スマホ、タブレット)向けに行えるといった特徴もあります。

本分析ソリューションツールで分析・可視化されるデータのイメージは次のとおりです。今後も当社はソリューションの強化・拡充に向けて、上記以外のアプリ事業者との協業も進めていきます。

※1 「いいデータ」は、経済産業省の「平成26年度補正先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業」(地域におけるデータ活用実証事業)」にて、電通とブログウォッチャーが独自開発したシステムを通じて収集・集約した訪日外国人の行動に関するデータをベースに、自社開発したものです。様々な事業者の方々の事業化を支援する観点から、一部機能については無料でご利用いただけます。
※2 ジョルテが提供する多機能カレンダーアプリケーションで、全世界2,800万ダウンロード(海外: 1,700万ダウンロード)の実績を誇ります。
※3 プロファイルパスポートはブログウォッチャーのサービスで、情報を設定した時間に配信できるだけでなく、ユーザーの属性や位置情報をもとに効率的にコンテンツを提供することで、集客やキャンペーンの活性化につなげていくことが可能です。なお、SDKとはSoftware Development Kitの略で、アプリケーションを作成するための開発ツールのセットを意味しています。

■使用している端末OS、国籍、訪問目的、性別、アプリのダウンロード場所などの属性が分析できます。

■月ごとのビジター数の合計と推移が分析できます。

■時間帯ごとに外国人がどのエリアを何回訪問したかのエリア別訪問回数が分析できます。

■周遊ヒートマップ(移動経路)をエリアごとに集計・分析できます。

■10km(1km)メッシュ別の滞在ユーザー数を集計・分析できます。

■都道府県別、市区町村別の滞在ユーザー数が分析できます。

■「いいデータ」サイトURL
http://iidata.jp

■「いいデータ」のロゴマーク