ADK、“ブレーン”を貸し出すレンタルサービス「ブレーンタル」をスタート

adkのブレーンタル

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野 伸一、以下「ADK」)は、創立60周年を記念し、このたび、ADK社員が広告会社ならではのスキルを活かし、社会の課題や日常生活の中の悩みに対するアイデアやソリューションを提供するサービス「ブレーンタル」(www.adk.jp/csr/society/braintal/)を期間限定で実施いたします。

ADKは、「コンシューマー・アクティベーション・カンパニー」として、消費者の具体的な行動を喚起し、広告主のビジネス成果に貢献することを目標に、日々アイデアやソリューションで広告主の商品やサービスを世の中に送り出し、流通させるお手伝いをしてきました。
 今、世の中はさまざまな課題を抱えています。しかし、我々はアイデアやソリューションによってその課題を乗り越え、もしかしたら世の中をもっとよりよい方向へ変えていけるのではと考えています。そこでADKは、これまで会得してきたスキルやノウハウを通常の業務から拡張し、”プロボノ”として世の中に還元できればと思い、「ブレーンタル」をスタートします。
※プロボノ(Pro bono)…各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するボランティア活動。スキル・ボランティア。2010年頃から日本でも注目されはじめ、社会貢献の新しいスタイルとして定着しつつあります。

 「ブレーンタル」は「ブレーン」×「レンタル」の造語です。「ブレーンタル」には、クリエイター、プランナー、マーケティング、メディア、営業など部署や肩書き問わずさまざまな分野で活躍する有志が参加し、彼らをあなたの「ブレーン」として無償で貸し出します。これまでに培ってきた経験やスキルを存分に発揮し、みなさんが抱える「課題」や「悩み」などに、一緒に対峙していければと考えています。

「ブレーンタル」では特設ウェブサイトを通じ、広く一般から「課題」や「悩み」を募集し、ブレーンタルスタッフがお役に立てると判断した支援先を複数選び、支援させていただきます。

【ADKブレーンタル概要】
○募集期間: 2016年8月1日(月)~10月31日(月)
○URL:https://www.adk.jp/csr/society/braintal/
○支援先決定:2016年10月末から順次決定予定
○支援先件数:現段階では、具体的な支援数については決定していません。
 ※支援先は、ADKブレーンタル事務局が、応募内容、課題を拝見し、
  弊社社員有志がお役に立てると判断した課題を選定させていただきます。
○申込み方法:専用サイトからお申し込みください。
○お問い合わせ:メール adkpr@adk.jp (件名に【ブレーンタル】と明記のこと)

○応募内容例:
・市のPR用にオリジナルキャラクターの開発をしたい
・地元のクラブチームの広報プランを一緒に考えて欲しい
・地域の伝統工芸を若い人にアピールしたい
・自分の店が流行らない理由を知りたい
・地域住民を巻き込んで地元の学童保育問題を解決したい
・人気になる方法を知りたい(芸人です)