セプテーニとフクロウラボ、戦略的パートナーとしてスマートフォンアプリ向けディープリンクサービスを提供

株式会社セプテーニ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光紀、以下「セプテーニ」)と株式会社フクロウラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清水 翔、以下「フクロウラボ」)は、戦略的パートナーとして連携し、スマートフォンアプリ向けのディープリンクサービスを提供いたします。

cds_01

Sponserd Link

セプテーニグループでは、2015年4~6月におけるスマートフォン広告売上が前年同期比1.7倍に拡大し100億円を突破するなど、注力分野としてスマートフォン関連サービスの強化を図っております。一方フクロウラボは、ユーザーをスマートフォンアプリ内の特定コンテンツに遷移させるための技術「ディープリンク」に関する最適化ソリューション「Circuit」を開発、運営しており、セプテーニは従前よりフクロウラボと連携して、ディープリンクを活用したプロモーション、及びアプリ運営サポートなどのサービスを顧客へ提供しておりました。

今後は、戦略的パートナーとして両社の強みを活かし連携を深め、フクロウラボはセプテーニの顧客に対してソリューションサービスの提供を、セプテーニではソリューションを活用したスマートフォンアプリ広告の運用支援を行い、広告主企業のマーケティング課題の解決に貢献してまいります。

■Circuit( http://www.cir.io/ )とは
フクロウラボが提供するディープリンク最適化ソリューション。専用のSDKを導入し、Circuitの管理画面からアプリ起動URI(ディープリンク)とアプリ内のアクションの紐付けを行うことで、アプリのディープリンク対応を簡単に設定することができる。CircuitのSDKを導入することで、アプリのアップデートなしにディープリンクの追加/削除等を行うことが可能になるため、アプリ開発者の工数削減、及びプロモーションへのディープリンク活用など、よりスムーズなアプリ運営が可能となる。
*1 SDK(Software Development Kit):アプリケーションを作成するために技術者が利用する開発ツールのキット