アドウェイズのスマホ測定ツール「PartyTrack」、Instagram広告APIと連携開始

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)が提供する、全世界対応のスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack(パーティートラック)」は、Instagram広告APIの計測に対応しました。

アドウェイズならびに「PartyTrack」は、Facebook®が認定する「Facebook Marketing Partners」における効果測定分野のパートナーとして認定されており、Facebook®のモバイルアプリ向け広告サービス「Mobile App Install Ads」に広告出稿する際に、Instagramに配信した場合にもインストール数の解析やROAS(Return On Advertising Spend:広告費用対効果)の分析などを行うことが可能となりました。

今後もアドウェイズは、市場のニーズに柔軟に対応し、更なるサービスの拡充に努め、世界各国で効率的かつ実用的な広告マーケティングサービスの開発を実現してまいります。

【「PartyTrack」について】 https://partytrack.it/
PartyTrack」は、スマートフォンアプリを対象とした効果測定システムです。
1つのSDK (Software Development Kit:ソフトウェア開発キット)で、自然流入及び広告経由それぞれの月別・日別・時間別インストール数の解析をはじめ、ROAS(Return On Advertising Spend:広告費用対効果)やLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)など様々な効果指標の分析が可能となり、より高度なアプリマーケティングを実現いたします。
iAd、Twitter、Googleなど広告プラットフォームの広告効果測定も可能です。

□■□株式会社アドウェイズについて http://www.adways.net/

2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全世界対応のスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」を展開する。また、アプリ/コンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。拠点は、アジア、北米地域など日本含め12カ国。中国子会社では2004年からインターネット広告事業を展開。昨今では、アジアを中心にスマートフォン向け広告事業に注力する。